若い女性に増えている抜け毛・薄毛の悩み

抜け毛・薄毛の悩み

抜け毛・薄毛と言った悩みは男性のものというイメージが浸透しています。

 

最近では中年女性も見た目の若さを維持するために抜け毛・薄毛対策に力を入れ、

 

ウィッグを利用してファッションの1つとして楽しむ人も増えています。

 

ところがそのような悩みとはかけ離れていそうな若い女性の間でも抜け毛・薄毛に悩む人が増えていると言うのです。

 

20・30代の女性に多いこの悩みは「若年性脱毛症」と呼ばれ、若年層の女性にありがちな行動が原因となっています。

 

例えば過激なダイエットによる偏った食事、ファッション性を重視して頻繁に行っているパーマやカラーリング、スタイリング剤の過度な使用等です。

 

20・30代の女性であれば何かしら心当たりのあるものばかりです。

 

例えば過激なダイエットは栄養バランスや体のサイクルを崩してしまいます。

 

本来生まれ変わるはずの髪の毛が生えてこなくなったり、成長スピードが遅くなったりする事があります。

 

また偏った食事のために十分な栄養が頭皮まで送られず、年齢に見合った太さとコシのある髪の毛が生えなくなってしまいます。

 

パーマやカラーリングに使用する液剤は頭皮にダメージを与えます。

 

パーマやカラーを頻繁にかけ直していれば頭皮ダメージは蓄積され、

 

やがて抜け毛や薄毛に繋がってしまうのは当然の結果と言えるかもしれません。

 

しかし、ダメージの大きさを考える前にファッション性を重視してしまっているのがこの年代の女性なのです。

 

また、この年代の女性の中にはスタイリング剤を持ち歩いている人も少なくありません。

 

乱れたらいつでもどこでも直せるようにするためです。

 

結果として必要以上にスタイリング剤を使用し、毛穴を詰まらせてしまう事もあります。

 

このように目先の事にばかり捉われていると抜け毛・薄毛を招く事になってしまいます。

 

年齢的に今の事を重要視してしまいがちですが、それがとても危険なのです。

 

髪の毛に無理な負担をかけていないか、時には労わってあげる事を忘れないようにしましょう!